おしんは有名ですか?(4コマ漫画)

2020年3月18日テレビ・ドラマ・映画の感想, 4コマ漫画

おしんは日本人の誰もが知っている
有名な日本の心のドラマだと
思ってはいたけれど、
私もちゃんと見たことがなかったです
今回の再放送で初めて見ています。

そこで様々な驚きが・・・

ーおしんは回想の物語であること
一おしんの子供時代がとても短かったこと。
一おしんは年代別で三人いること
(小林綾子、田中裕子、乙羽信子)
一おしんはスーパーマーケットを
 開店する話であること
ー名前は「しん」であること
( 谷村しん )


などなど思ってたのと違いましたが
めちゃめちゃ面白いです。

私は「渡る世間も鬼ばかり」
も大好きで、渡鬼要素が
たくさんあります。

なんにせよ人間関係が複雑で
ちょっと見逃すと
誰が誰だかわからなくなります(;^ω^)


おしんをここまで見てきて
私のおしんのイメージは
耐えることは美徳みたいな。
話なのだろうなあと思ってました。
けれどそれはくつがえされ、
女の人が自立して生きていく話でした。
たくましく生きていくおしんさんが
かっこよすぎます。

それに 橋田壽賀子先生の
脚本がすごくて
「私は○○だと思う。」
「これはありえない。」
などなどとにかく自分の意見を
誰かに話さずにはおれない
展開になっているんですよね。
(特に嫁姑関係)
もうすぐ最終回でおしん
ロスになりそうです。



ちょっと前に放送された
「渡る世間も鬼ばかり」 の
五月(泉ピン子)が
ユーチューバーに
なる話もめちゃめちゃよかったです。
さつキッチン
現代社会の動きを
脚本に入れ込んでくる
橋田壽賀子先生はすごかったです。
今後も特番の「渡る世間は鬼ばかり」
にも期待します(^▽^)/






ぽちっと応援してもらえると嬉しいです☆
↓↓↓↓




にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

子育てブログランキング

2020年3月18日テレビ・ドラマ・映画の感想, 4コマ漫画